元Fight野郎

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.02.14 Tuesday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
飲騒笑

 10月15日(土) この時期恒例の同窓会に参加する。今年は参加者も少なく、ニューヨーク風のバーでこじんまり開催。


 感じからの報告だと、恩師にも声をかけているものの、さすがにご高齢で体調を崩されていたり、元気な方々はイベント出演などでお忙しくしておられるようで、生徒だけの集まりとなった。とはいえ、中高時代からだから、すでに40年来の友人ということになる。


 出版に備えて原稿を執筆しているという同級生から、「文章書くって大変やな」と言われた。それに「起承転結をつけるのが難しい」とかぶせてくる同級生も。「まあ、慣れよ。何を書きたいか頭の中で整理してから書くときもあれば、書いてるうちにまとまる時もある」と返しておく。

 

 この日、やり玉に挙げられていたのは、某銀行勤務の同級生。何かあれば、「為替、操作しているやろ」と突っ込まれていた。

 

 40年近い前の呼称で呼び合い、飲んで笑っての空間。当時、ホームステイしていた留学生を連れて来れば参加費がタダになるという“特典”が新たに加わった。ちょっと、探ってみるかな……。

 

 終電で自宅に戻る。

【2016.10.16 Sunday 01:19】 author : 元Fight野郎 | - | comments(1) | trackbacks(0) |
鳩核

 10月10日(祝) DOVE大阪大会に出向く。


 会場入りするや、吉野恵悟レフェリーとDSW談議。映像を見た感想は「最高」。といいても素晴らしというのではなく、「よくあそこまでグダグダになるなあ……。狙っててもできひんで。あの大会を集約していたのが船木さんの『試合はともかく……』の言葉」。7月には同じ新木場1st RINGで自主興行2連戦を開催しているだけに苦労も身に染みているだけに、その言葉には実感がこもっていた。


 さて、DOVEの大会では主要カードでは音楽が流れる中で闘うが、プロレスの迫力が音楽が消してしまってしまうのが残念。音楽と闘いをうまくシンクロさせれば面白いと思うのだが……。

 

 試合後のバックステージでは、若手が吉野レフェリーにアドバイスを求めるシーンも。吉野レフェリーも天龍源一郎引退試合であの場所にいた意義、そして和田京平からレフェリングの指導を受けている立場から言葉を贈っていた。“ふ〜ん”と思ったのは、「○○とか××のような団体、大会には出るな」の一節。選手同士、傷を舐め合っていてはいいものはできないからねえ……。

【2016.10.11 Tuesday 01:08】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
樹脂面

  10月8日(土) 新日プロ魚沼大会へ。


 前夜のうちに東京まで出ていたので、ゆっくりめの移動。それでも当初の予定より早い便に乗れるとあって、東京駅で指定席の変更を願い出ようとしたところ、新幹線チケット売り場は長蛇の列。予定の便まで1時間ほど待っているのも面倒くさいので、早目の便の自由席に乗り込む。

 

 途中、乗り換えて、ほどなく最寄り駅に到着。徒歩で会場に向かう。

 

 会場入りして、ロケーションの確認。

 

 この日の注目は新キャラクター、BONE SOLDIER。まあ、正体は大体、予想がつくのだが、どのようなコスチューム(マスク)で登場するのか。試合前のウオームアップでアリーナに姿を見せる各選手の中には、それらしき人物は見つからず。お楽しみは本番で……といったところか。

 

 そんなBONE SOLDIERを見かけたのは入場直前のバックステージ。過去、マスクの上にホッケーマスクをつけて闘ていた選手(ジェイソン・ザ・テリブル、海賊ガスパー)はいたが、樹脂製のフェースマスクは初めて。しかも布製のマスクと一体となっており、下のマスクは口の部分もメッシュで隠されている。息苦しくないかなあ……と要らぬ心配するものの、無難に試合はこなしていたようで……。

 

 近辺でホテルが予約できなかったので、試合後は長岡まで足を伸ばすことに。

【2016.10.09 Sunday 00:44】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
昭和新日夜

 10月7日(金) 翌8日は単発で魚沼遠征。経費はオファー先は負担していただけるが、どういうルートが最も安上がりかいろいろ調べていると、往路東京経由、復路北陸経由という結果に。いずれにせよ、余裕をもって時間に間に合わせるには始発に間に合わせなければならないとあって、前日にチケットを購入しておくことに。どうせなら、そのまま東京まで行っておこうと考えて大阪駅へ出向く。

 

 世間は明日から3連休ということもあってか、チケット売り場に長い列。大阪→東京→越後堀之内→長岡→金沢→大阪というルートの乗車券を購入。規約では「同じ駅を2度通らない」「後戻りしない」の条件さえ守れば、途中下車しようとも“片道”として購入できる。ということは、出発地と到着地が同じはNG。大阪といっても長距離だと券面は「大阪市内」となるのでその手前で下車する乗車券の購入となるわけだが。京都を2度通るので、京都の手前(山科。券面は「京都市内」)が到着駅。当然、単純に往復でチケットを購入するよりも大幅に安くなる。

 

 その旨を申し出て購入しようとしたわけだが、窓口の係員が規約がしっかり頭に入っていないのか、何度も席を外して上司にお伺いを立てるので、1枚の乗車券を手にするまで30分以上を要した。後ろに並んでいる方々にはご迷惑この上ない。

 

 そんなこんなで東京へ。夕刻に到着したので後楽園ホールへ足を伸ばす。昭和の新日本プロレスが甦るイベントに向かう。

 

 会場に足を踏み入れると、懐かしい記者連中の顔ぶれが……。90年代に取材で全国を回っていた方々と互いにの近況報告。時折、「ジミー鈴木」なる単語も聞かれるが、その話題は膨らまず。

 

 リングが設置されていない後楽園ホールというのも、不思議な空間。集まった観客の年齢層は、やはり高い。舟橋慶一元アナや桜井康夫氏の懐かしい声。そして、他の当時と変わらぬ新間節。

 

 懐かしの試合(アントニオ猪木、坂口征二組vsルー・テーズ、カール・ゴッチ組、MSGでの藤波辰巳vsカルロス・ホセ・エストラーダ、アントニオ猪木vsタイガー・ジェット・シンの腕折りマッチ、タイガーマスクvsダイナマイト・キッドの東京体育館決戦、エンディングで流された昭和の巌流島決戦といわれた猪木vsストロング小林)では3カウントが入った瞬間に拍手が沸き起こった。それらの試合を真剣な表情で見つめていたのは藤波ジュニアこと怜於南選手。ゴッチが猪木をブリッジで腹に乗せたまま上半身を起こしていったシーンには「今、あんな返し方する選手いませんよ」と驚く。テーズやゴッチの細かい攻防では瞬き一つせず。藤波が至近距離からその場跳びでドロップキック(「相手との距離が30cmあったら決められる」といわれた一撃)を連発したシーンには、「ねえ、あのドロップキックやってよ」と注文をつけておいた。さすがにこれには苦笑いしてたが……。

 

 上映会の目玉だったオールスター戦の映像。本編ではセミ(ジャンボ鶴田、藤波辰巳、ミル・マスカラス組vsマサ・サイトー、戸口正徳、高千穂明久組)とメイン(ジャイアント馬場、アントニオ猪木組vsアブドーラ・ザ・ブッチャー、タイガー・ジェット・シン組)の2試合が流されたが、時間が押していたこともあって序盤だけ。トリプルドロップキック、ダブルアームブリーカーといった見せ場はバッサリ、カットされてしまったため観客からは不満の溜息と「延長」コールが起こった。

 

 ちなみに上映されたオールスター戦の映像は、2階席から撮影されたもの。ニュース用にと各局が収録していたはずだが、その素材ではない模様。当時、「オールスター戦上映会」のイベントが開催されており、その際に見たもののような記憶が……。ということは、もともとはT氏のものだったってこと?

 

 新日プロOBを招いてのトークは、残念ながら新しい秘話は飛び出さず。“週刊ファイト的”には目新しさはなかった。やっぱり進行役以外に、<脱線してもいいから横からチャチャ入れる人がいないといけないなぁ……>と思った次第。


 それでも新間寿幹事長が「6月26日、なにが格闘技記念日ですか! あの日は“アントニオ猪木vsモハメド・アリの日”にしなさい!」と熱く語った姿からは、幹事長自身、「私の青春です」という“新日プロ愛”“プロレスラー・アントニオ猪木愛”が感じられた。

 

 アントニオ猪木vsモハメド・アリに関しては、舟橋元アナが「あの日は放送席にルール(の詳細)が(伝わって)来なかった。ディレクターから『ルールに関してしゃべるな』と言われて。スポーツはすべて、ルールがあって、それに則って行われるのに、そのルールを視聴者に伝えるなってどういうこと?」と話し、「解説者もボクシング側1人だけ。だから、『寝てばっかりだったらパンチが当たるわけない』っていうボクシング寄りの解説になってしまった。プロレス側の解説者も実況席に座らせないと公平じゃない」とお怒り口調に。


 新間幹事長は「私の隣(に座っていたの)がガッツ石松。『何やってるんだ。飛び込んでいったrタイ。1発2発もらったって大したことない』って言うから、『なに言ってんだ。ライトヘビー級とヘビー級のパンチ(の威力)は違うんだ』って。でも言えなかったよ」と会場を笑わせる。

 

 桜井氏が、「あれは猪木の試合じゃなく、アリの試合になっちゃった。悲しいから、バリューの差」と口を挟む。最後は新幹事長が「まあ、40年たって評価されたからいいじゃないの」となだめる始末だった。

 

 イベント終了後は会場で久しぶりにお会いした“I編集長の末っ子”と食事に出かけ、あの頃のファイト編集部の話に花が咲いた。

【2016.10.08 Saturday 01:53】 author : 元Fight野郎 | - | comments(1) | trackbacks(0) |
上井夜

 9月24日(土) 鳥取から帰阪して、その足で茨木市へ。以前、VKFの会場で伝えていた金本浩二選手のトークショーへ出向く。


 会場に到着すると、見慣れた顔の方々が……。といっても、どちらかと言えば“ひねたファン”なので、うさん臭さが漂う集会の雰囲気。


 そんな冗談を飛ばしているうちに開演時間を迎える。

 

 ホスト役である上井文彦氏との対談では、集まった聴衆も思わず「ホ〜ッ」と声が出てしまうような業界裏話も飛び出す内容。一方で金本選手は、上井氏の意見に「それ、わかります」とプレイヤーならでは同意するシーンも見られた。

 

 聴衆からの質問に答えるコーナーでは「闘い相手は?」といった定番も寄せられた。金本の答えは「ライガー」。しかし上井氏は、「やらせてあげたいけどね。ライガーはいいやつなんだけど、新日プロ所属である限りは難しいやろうな……」との見解。「まあ、逆にえば、それだけ新日本プロレスがちゃんとした会社になったってこと」。

 

 終盤にはスペシャルゲストが登場。田中稔、獣神サンダー・ライガーとの予想が飛び交う中で姿を見せたのは垣原賢人。悪性リンパ腫と闘うカッキーだが、上井氏は「プロレスラーってガンとの闘いで生存率は100%だからね。みんな個所は違うけど、西村修でしょ? 組長、小林邦明、小橋建太、北斗晶……みんな生きてる」と励ました。

 

 イベント終了後、バックステージで久しぶりに顔を合わせたカッキーと雑談。「また、元気な姿で会いましょう」と再会を約束する。

【2016.09.25 Sunday 10:40】 author : 元Fight野郎 | - | comments(1) | trackbacks(0) |
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP