元Fight野郎

震後

 6月18日(月) 目を覚まして、まだ布団の中にいるときだった。そろそろ起きようかと思ったころに、下から突き上げられる衝撃を感じた。瞬間、「あっ、地震だな」と思ったが、起き上がることすらできない。まるで、隣で斫り屋が作業してるのではないかと思われるほどの縦揺れに身を任せるばかり。その後、横揺れが襲ってきたが、その間隔が短いことから震源地は近くだなと、意外にも冷静に判断していた。

 

 1995年1月17日、同じように目が覚めて少ししてから、阪神淡路大震災に襲われた。それと同じような感覚だったが、時間にしては23年前よりも短いなと思った。免震構造だからなのだろうか、地震が納まっても、しばらく横揺れが続いているような感覚だった。

 
 ベッドから出て、まずはガスと水道の確認。とりあえず、ガス漏れがあると困るので、元栓を締めておく。あの時と異なり、明るくなってからだったので、意外にも冷静。むしろ、ちょうど通勤・通学時間なので、大きな被害が出てないかとの方を心配した。
情報収集のためラジオのスイッチと入れる。しかし、すぐには音声が流れず、もしかして放送不能に陥る被害を被ったのかと心配したが、ほどなく聞き慣れたパーソナリティーの声が耳に届いたのでホッとした。「遠くの親戚より、近くのラジオ」……23年前のキャッチフレーズを思い出した。

 

 一段落したところで、事務的な作業を始める。終わったところで交通情報をチェック。新幹線をはじめ、ほとんどの鉄道が運転見合わせ。明日には東京に移動しなければいけないのだが、大丈夫だろうか……。

 
 空路でという手段もあるが、ほとんどの便が満席。昼過ぎに東海道新幹線は運転を再開したものの、新大阪へのアクセスが寸断されている。

 
 デスクに座っていたも最新情報は得られないのと、早めに指定席を確保するのが得策だろうと大阪駅に向かう。

 

 “ダンジョン”と呼ばれるほどの地下街も人通りは少なく、シャッターが閉まっている店が大半。開けていても、「今日は商売にならんわ」と店員もあきらめ顔。明日の運転再開もどうなるかわからないので、できれば本日中に移動することも考えていたが、とにかく新大阪へにたどり着かないことにはどうにもならない。タクシー乗り場、バス乗り場は長蛇の列で、対応に終われていた駅員も、「タクシーは出払ってますし、1時間待っても漏れるかどうか確約できませんね……」とのこと。まあ、慌てることはないと考え、カフェでしばらく時間を潰そうかと思ったが、開いているカフェすら少ない。百貨店、書店だけでなく、駅コンビニ、駅そばまでもが臨時休業。

 
 区間運転している地下鉄の駅員に全線運転再開のメドを尋ねても、「わかりません。点検の結果次第です」との言葉が帰って来るだけ。そこに大きなキャリーケースを引きずった外国人女性が2人やってきた。スマホを示して、「ここに行くにはどうしたらいいか?」と尋ねている様子。覗き込むと、最寄り駅は別の鉄道会社。「この線じゃない」と返すと、「じゃあ、どの線なのか?」と聞いてきた。しかし、その線は現在、運転を見合わせている。その旨を伝えると、「タクシーで行けないか?」と言ってきたので、「行けないことはないけど、料金が高いぞ。それに今、タクシー待ちの列が長くて、すぐに乗れない」と返す。途方に暮れた感じだったので、「とにかくホテルに連絡してみたら?」と言うも、「日本語での対応ができないので、手伝ってほしい」とのこと。まあ、乗り掛かった舟だからと、まずはホテルの連絡先を調べる。ホームページ開いたところ、「地震の影響により、本日の営業は中止」との案内が目に飛び込んできた。

 

 それだけ伝えても、彼女たちはどうしていいかわからない。とりあえずホテルに電話を入れ、対応を聞いてみた。
「申し訳ないですけど、本日はキャンセルとさせていただきます。キャンセル料はいりません」

 

 ただ、彼女たちは2泊の予定だったので、まずは「明日の分の予約もキャンセルになるのか?」と尋ねる。「明日は営業できると思いますけど、今、館内の設備をチャックしているところなので、まだはっきりした返事はできかねます。明日の予約は残しておきますので、利用できるかどうか、また、明日ご連絡させていただきます」との返事。ただ、彼女たちが日本の携帯電話を持っていないので、メールアドレスを伝える。香港からのお客様なので、「簡単でいいですから、英語でお願いします」と付け加えておく。
ホテル側から別の宿泊先を紹介することはないとのことで、「今夜のホテルは自分たちで探してほしい」という伝言を伝える。

 

 地震に襲われた地に到着。言葉がわからない上に、混乱する街に放り出された。とにかく早くホテルに入って……と思っていたところ、公共交通機関はほとんど機能を失っているのだから、不安しかなかったことだろう。「私たちはどうすればいいの?」とうろたえるしかなった。最初は悲壮感漂った表情だったが、どうすればいいかわかったところで、ようやく笑顔もこぼれた。こんな状況ではあったが、最後は「Take care & Enjoy!」と声をかけて別れた。

 

 さて、こちらはとにかく状況が変わるのを待つしかない。まあ、なるようになるさ……。

【2018.06.18 Monday 20:06】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
プロレス歴史街道・兵庫田舎町編…

 5月20日(日) あまりに天気がいいので、ふらっとお出かけ。せっかくだから少し遠くまで足を延ばそうと、先日、ラジオで告知されていたイベントに出向く。

 

 行き先は兵庫・三木。実はここ、プロレスでも多少のエピソードが残る地。

 

 初代タイガーマスク人気で絶頂だった時期というから、おそらく1982年前後。同地のオープン会場で新日プロの地方大会が
開催された。まだ当時はチケットぴあなどはなく、地元のスポーツ店などでチケットが前売りされれていた時代。といっても田舎町なので、さほど商店もなく、プロモーターは駅前の洋菓子店でチケット販売をお願いしたという。

 
 店側も簡単に引き受けたのだが、終わってみれば、その店だけで200万円以上の売り上げを記録したという。当時はまだ、地方大会の特別リングサイド席は¥6,000-程度。小中学生なら¥2,000-ぐらいではなかっただろうか。ということは、その店だけで500枚ほど売り上げたということになる。

 
 ちょうど駅前商店街を中心に「レトロ路」なるイベントが行われて賑わっていた。最寄り駅を下りてぶらぶらしていると、外国人客に道を尋ねられて「誰か英語しゃべれませんか?」と困っているミュージシャンがいたので、ちょっとだけ手助け。なんでも森林公園に行きたいとか。

 

 地元民でないのでスマホで目的地を検索して説明していると、たまたま「私たちその近くにバイク停めてるんで、一緒に行きましょう」という観光客がいらっしゃったので、「じゃあ、お願いします」と、ABCとサンテレビのリレー中継よろしくバトンタッチ。

 

 その後、イベントに参加されていたABCのブースに立ち寄る。さすが局の看板人気番組。大勢の視聴者が集まっておられた。局に取材で出向いた際に何度かお会いしたアナウンサーが記念撮影に応じていたので、「オカダ選手が出演された時にはお世話になりました」と挨拶。先方も「ああ、あのベルトを持って来ていただいたときの!」と覚えておられたようで……。

 

 残念ながら今年の「DOMINION」は前売りが好調のようで、直前プロモーションは行われない模様。なので、「城ホール2連戦や京セラドーム進出の際には、またよろしくお願いします」とだけ伝えて、番組ノベルティーであるボールペンをいただいてそそくさと退散する。

【2018.05.21 Monday 00:12】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
被嫌客

 5月18日(金) 先だってのラジオ出演でお知り合いになった某ミュージシャンがライブを企画するということで出かける。

 

 熱心なファンが集まる中、知り合いの3組とともに出演された。オリジナル曲を演奏されるということは、こちらからすれば知らない曲を聞かされるというわけ。なんとなくギター演奏を眼で追っていたのだが、同じようなコードばっかりだなあ……というのが第一印象。となると、テンポこそ違えど似たような曲調になるのは仕方ないか……。

 

 会場は小さなライブハウス。本人には伝えずに出向いたものだから、オープニングの挨拶でこちらの存在に気付いた瞬間から緊張したとか。まあ、こんな客、嫌われるだろうなあ……。
 

【2018.05.19 Saturday 00:43】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
青空音楽祭

   5月12日(土) 知り合いの餃子屋の大将が出演するからということで、神戸新開地音楽祭へ出向く。

 

 メインステージが設営されている湊川公園を目指したが、新開地駅を下りたところから、あちこちで生演奏されている。商店街を歩いていたのだが、目立ったのは立ち食いうどん店。

 

 会場のある湊川公園の入り口では、7月11日にオープンする“神戸版繁盛亭”である喜楽座こけら落とし公演のチラシを配っていた。初日のトリは桂文枝師匠。また、例の問題で報道陣に囲まれるんだろうなあ……などと考えながら、メインステージを目指す。

 

 青空の下での音楽祭。とりあえず腹ごしらえとばかり、ズラリ並んだ屋台を覗き見。遠くにメインステージを眺め、日の高いうちからタンドリーチキンを肴にビールをいただく。

 

 雑音的な演奏も交えながらプログラムは進む。大将はいつ出てくるんだろうと待っている間にもビールは進む。結局、ステージに登場したのはトリ。そして呼び込まれたのは、瞳みのる。元ザ・タイガースのドラマー。こんな大御所のバックバンドなん……。

 

 ステージの中で語られたのは、ザ・タイガース結成当初、同じアパートに住んでいたのだとか。それ以来というから、もう52年の付き合いになるのだそうだ。それでいて、同じステージに立つのはこれが初めてなんだとか。再結成されたザ・タイガースだが、以前の京セラドーム公演の後にはメンバーが大将が営む餃子店にやって来たんだとか……。話を聞けば聞くほど大物であることがうかがえる。

 
 演奏終了後、挨拶をしてから大阪に戻る。

 

【2018.05.13 Sunday 00:28】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
通飲

 5月5日(祝) 福岡から松山へ移動。

 

 10時半ごろ福岡空港に到着。チェックインしていると、素顔のライガー選手夫妻とバッタリ。搭乗までまだ2時間ほどあったのでどうしようかなと思っていたところに「飯でも食おうよ」と誘われたので、お供させていただく。

 
 テーブルに通されてオーダーする前にライガー選手から出てきた言葉が「飲みなよ」。朝から……と思っていたら、「(夫人が)飲むから。一緒に。いいじゃん」と言って、こちらが返事をする前に「生2つ!」とオーダー。「出されたものは残さず平らげなさい」と教育された世代だけに、お断りすることなく「乾杯!」。窓際の席だったため、“朝酌”しているところをほかの選手に見られてしまう。

 
 搭乗時間が迫って来たので、セキュリティーゲートをくぐって搭乗口へ向かっているところで、成田を経由してアメリカに戻るジュース・ロビンソンにバッタリ。いろいろと雑談しているところに、英語版実況担当のケビン・ケリー氏がジェラートを手にやって来た。「次の来日は大阪城ホール?」と尋ねたところ、帰ってきたのは「その前、スーパージュニア・ファイナルに戻って来る。そのあとオーサカジョーホールまで日本に滞在するよ」の言葉。『G1』は例年以上でツアーに帯同する予定になっているとか。あらためて海外マーケットに力を入れてるなあ……との印象。

 

 そして搭乗口へ。ここでは搭乗を待っていた永田裕志選手と
雑談。どうしても話題の中心はJS氏になってしまう。互いにエピソードを披露し合うのだが、最後は爆勝となってしまうのはなぜだろう……。

 

 松山に到着してホテルにチェックイン。夜は1年前に伺って気に入った居酒屋へ。最初に暖簾をくぐった際は満席だったが、30分ほど周辺をうろうろしてから再び店を覗いてみる。幸い、空席があったので案内され、お目当てのじゃこてんを味わう。

 

 カウンター10席だけの店だが、ほかのお客とも会話が進み、酒も進む。日本酒もいただいて、ほろ酔い気分で部屋に戻った。


 

【2018.05.06 Sunday 01:29】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP