元Fight野郎

<< 豪雨襲来 | main |
一路九州

 7月7日(土) 始発から山陽新幹線は運転を見合わせている。運転再開の見込みは「早くても15:00」との情報。18:00までに現地入りしないといけないので、それまで待っていられない。

 
 相変わらず、福岡行きの便へ全便満席。長崎や鹿児島行きの便には多少空席があるものの、到着してからの足が確保されるかどうかは微妙。いったん東京に出てから福岡に向かうしかないか……と検索していたところ、松山経由なら17:30に福岡空港到着できるルートが出てきた。定刻通りに運行されるかどうか微妙だが、その時点ではこれが最善策。1席だけ空席もあるという。とりあえず予約を入れる。ただ、当日なので正規運賃。新幹線の3倍以上になるが、仕方ない。

 

 急いで大阪空港へ向かうと、早速「遅延」の表示。それでも松山空港での乗り継ぎには間に合いそう。迷ってしても仕方ないので、「行けばわかるさ」状態で航空券を購入。なんとか1時間遅れで出発。

 

 松山空港での乗り継ぎ時間は20分。いったん到着ゲートに出て、再びセキュリティーチェックを受けなければならないとのこと。保安検査場に急いで向かい、なんとか10分前には搭乗ゲートにたどり着いた。すると「使用機材の到着遅れで、出発が45分遅れます」のアナウンス。となると、18:00までに現場到着は不可能。といっても引き返すわけにはいかない。先方に連絡を入れて、使用機材の到着を待つ。

 
 結果、40分遅れで出発。18:20ごろに福岡空港に着陸。手荷物を引き取り、その足で会場に急行。なんとか1時間遅れで飛び込み、すぐに取材の準備をしてリングサイドへ。ちょうどアンドレザ・ジャイアントパンダがリングインしたところだった。

 

 前日の夜に陸路で博多に向かったビリーケン・キッドは、時間までに会場に到着することはできず。仕方なく欠場に。タッグ王座に挑戦する三原一晃は、知人が予約していた航空券を振り替えてもらって福岡入り。試合に穴をあけずに済んだという。

 

 全試合終了後、あらためて挨拶を交わした関係者からは、「よく来れましたね」と声をかけられた。10年目にして初の福岡国際センター進出。やはり豪雨の影響で観客動員は苦戦したものの、会場は地域に愛されていることが肌で感じられる素晴らしい雰囲気に包まれていた。

【2018.07.08 Sunday 03:28】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2018.07.10 Tuesday 03:28】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://wfight.jugem.jp/trackback/2154
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP