元Fight野郎

<< 怒神 | main | 連初心娘 >>
京浜雑言

 6月20日(火) 巡業中のOFF。


 ちょうど関東滞在ということで、都内で入院中の知人を見舞う。病人に「元気ですか?」と尋ねるのは不謹慎かなあ……と思いながらも、ほかに思い当たる言葉が見つからず、意を決して病室へ。エレベーターを降りたところで、彼とばったり。元気に歩いているではないか。脳梗塞と聞いていたのに……。

 

 幸い症状が軽く、右顔面に麻痺が残る程度で、こちらが拍子抜けするほど元気。「リハビリしてるんですけど、片手でキャッチボールができるまで回復してビックリされたよ」とのこと。何でも明後日の退院が決まったのだとか。

 

 「今はもう、症状が出たらパソコンで調べられるじゃないですか。その時点で、“脳梗塞だな”とわかって。“やばいなあ”と思いながらも、仕事が入ってたので1週間、放っておいた」とは信じられない。

 

 退院したその日に現場復帰する予定だとか。無理するなよ……。兎にも角にも、元気そうでなにより。

 

 見舞いを終えると、その足で横浜へ。NOAHのラジアントホール大会へお邪魔する。

 

 「邪魔するんやったら帰って」と言われることもなく、逆に首都圏に現れたから、会う人みんなビックリした表情。
 

 元大阪勢が新天地で頑張っているのはうれしい限り。多少、背伸びをしなければならないが、彼らにとっても勝負の時期である。
こちらも久しぶりに顔を合わせたのがコーディ・ホール。新日プロ時代より、のびのび闘っている感じ。彼自身も、「ニュージャパンでは一番下だったし、6人タッグや8人タッグが多くて。でも、NOAHではタッグだけじゃなくシングルマッチも組まれるし、相手も変わる。だから、いろいろ考えて闘わないといけない。それが楽しいよ。ニュージャパンと違う経験wの積ませてもらってる」と笑顔で話しかけてきた。

 

 ただ気になったのは、大技ばかりに頼っていること。その点を指摘すると、「意見してくれてサンキュー」と返してきたので、「次に会う時を楽しみにしておくよ」と伝えた。

 

 試合後は某氏と待ち合わせ。時間が遅いので、そのままちょっと一杯引っかける。

 

 午後に見舞ったのが共通の知人なので、その経過報告。その後、出てきたのが「高山善廣」の名前。互いに現状が伝わってきていないので、「どうなんでしょうねえ……」とちょっと心配。

 

 その後、話題は“1992年の前田日明とその周辺”に移り、さらに“2017年のWWEジャパン”に。盛り上がってきたところで終電の時間が迫ってきた。話を切り上げてお開きとする。

 

【2017.06.21 Wednesday 02:13】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2017.11.09 Thursday 02:13】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://wfight.jugem.jp/trackback/2129
トラックバック
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP