元Fight野郎

美獣

 

 8月2日(金) ハーリー・レイスが亡くなったとの報が飛び込んできた。76歳。肺ガンで入院したとの情報が流れていたが、それが原因の合併症が死因となった。

 

 “ハンサム”のニックネームから「美獣」と称されていたが、70年代から80年代前半は通算8度の王座に就いたNWA世界ヘビー級王座として活躍。スーパースター・ビリー・グラハム、ボブ・バックランドを相手に、2度にわたってWWFヘビー級王者と“統一戦”を行った歴史的レスラーでもある。まさに“ミスターNWA”。レイスのWWF移籍とともにNWAはクロケット・プロ独占状態になったのだから、レイスが去ったとともにNWAは終焉を迎えたといっていいだろう。

 

 「ミスター・プロレス」「キング」とも称されるが、一番似合う称号は「親分」。JBエンジェルスがWWF(当時)をサーキットした際、彼女らに言い寄ってくる男子レスラーに対し、「大事な娘を預かってるんだ」と睨みを利かし、無言のうちに遠ざけていたという。決してウソではなく、JBの2人も「レイスさんが守ってくれました」と語っている。

 

 リングを下りてからも業界に与える影響は大きく、2008年6月、永源遙がカリフラワー・アレイ・クラブでインターナショナルレスラーとして表彰されたのは、レイスの強い推薦によるものだった。

 

 スピード狂でも知られるレイス。ハイウエーでは前の車にパンパーをつけて加速、200km/hで押したというエピソードも持つ。現役引退の原因となったモーターボート事故による負傷も、スピードの出し過ぎが原因だった。

 

 レイスが得意としていたダイビング・ヘッドバットは、ミスター・ヒトから盗んだもの。肩口に当てるのではなく、大の字になっているレスラーの前頭部めがけて降下するのが特徴だった。

 

 WWF移籍後の称号となった「キング」を受け継いだのがハク。タマ・トンガの父である。ともにケンカが強いという点も似ている。

 

 2008年9月、ミズーリ州エルドンでのWLW−NOAH合同レスリングキャンプを取材した際、日本での写真を手土産に自残。日本プロレス時代のものも多数含まれており、そこに写っている日本人選手一人ひとりの印象を語っていたことが思い出される。日本プロレスを知る数少ない外国人レスラーだっただけに、親分の記憶を記録に残していないことが悔やまれる。

 

 R.I.P…

【2019.08.02 Friday 13:28】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
発掘

 7月20日(土) 図書館へ。五輪イヤーとなる来年に向けての仕込みを始める。調べてみると、いろいろと発見が……。つい長居をしてしまう。

【2019.07.22 Monday 01:32】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
雨天中止

  7月19日(金) 甲子園球場に観戦に出掛けるも、開門後に雨で中止に。梅田に戻り、このところ気に入っている立ち飲み屋で一杯やってから帰宅。

【2019.07.20 Saturday 00:31】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
閉店

  7月15日(月・祝) 新日プロ「G1クライマックス」札幌大会取材。

 
 記者席で仕事の準備をしていると、菅林直樹会長がやってきた。「定年いつでした?」と挨拶がわりに言葉を交わす。「会長が新日本を離れたら、昔ながらの興行スタイルを知っている社員はいなくなるんじゃないですか?」「タイガー服部レフェリーが新日本を離れたら、外国人選手に意見を言える人もいなくなりますね」という話題で雑談。

 

 来年2月の札幌2連戦が発表される。1月の東京ドーム2連戦、大阪城ホール年2回開催など“快進撃の新日本”というイメージに包まれているが、裏を返せば、それだけ大箱興行をぶっ放さないとやっていけないということか?

 

 来年は東京オリンピック。G1シーズンと重なるだけでなく、五輪だけでなく、その後のパラリンピックも含めると9月いっぱいは首都圏の大会場の使用が難しい。そのあたりも影響しての大箱連発なのかな……などと余計なことを考える。

 

 さて、仕事を終えてお気に入りのすし屋に向かうも、どうやら閉店した模様。残念……。

 

 そういえば、仙台のお気に入りのハンバーガーショップも店じまいしていた。ちょっと運気が落ちてきたか……。

【2019.07.16 Tuesday 02:28】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
独占質問

 7月7日(日) 数日前に依頼されたK−1記者会見の取材のため大阪市内のホテルへ。公開とあって、ホテル内のボールルーム前にはすでにファンが集まっていたが、年齢層なども含めてプロレスとは雰囲気が異なる。

 
 K−1の取材なんて何年ぶりか。以前、取材していたころとは、スタッフもガラリと変わっている。地上波での放映もなくなり、ダイナミックな仕掛けもしなくなってしまったが、逆に地道に若い格闘家に活躍の場を提供しているという印象。

 

 試合ごとに出場選手が出席しての8・24大阪のカード発表会見。選手が呼び込まれるとプロデューサーからそれぞれのカードの見どころ解説。選手からのコメントののちマスコミからの質疑応答という段取り。しかし報道陣が少なく、1人で全試合の質問をすることに。事前にそれぞれの試合に関しての質問事項を挙げておいたが、同じ質問ばかりするわけにもいかない。また、すでに選手がコメントしたことを再び質問するのも恥ずべきこと。などを頭に入れてほぼ独占取材。なんとか無事に乗り切る。

 

 会見終了後に、あらためて関係者に挨拶。「ここ、いいホテルですね」と言われたので、「G20で世界の要人が泊まられてましたから。1週間前、周りは物々しい警備でしたよ」と伝える。

【2019.07.08 Monday 00:57】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP