元Fight野郎

機内視聴

    

 

 

 

 

 

 

 

 

2月6日(月) 札幌より帰阪。

 

 機内Wi-Fiを利用したエンターテインメントに「ワールドプロレスリング」があったので視聴する。最近の試合ではなく、タイガーマスクvs小林邦昭とアントニオ猪木vs長州力の2試合。前者は1981年1月6日、新春スペシャルとしてオンエアされた後楽園ホール大会、小林邦昭が虎ハンターと化してからのシングル第3戦。今のジュニアヘビー級ファイトと比べても遜色ない一戦。むしろ、殺気に関しては今以上のものがある。納得のリングアウト決着。


 後者はソ連(現ロシア)レッドブル軍団の新日プロ参戦が発表され、エキシビションマッチを行った大会のメーンイベント。その時代背景が色濃く出た試合内容。同年7月に猪木は参院選に出馬するわけだが、新日プロの舵取りを譲る理由付けを一戦のようにも見えた。

 

 「新日本プロレスワールド」のこの時代の試合を視聴可能にしてくれないかなあ。何の変哲ものない地方の6人タッグとか見たいのよねえ。新たな発見があるかもしれないので……。


【2017.02.07 Tuesday 00:34】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
実演

 1月17日(火) 名古屋から帰阪。夕方からは新年会。今回のゲストはヒクソン・グレイシーと最後に闘ったあの方。

 

 急な決定にもかかわらず3席を占めての宴席に。それにしても局関係者、北朝鮮に2度行った男、タイガースファン、女性タレント、撮影愛好者、元甲子園の売り子……って、どんなつながりやねん。それはともかく、ゲストの方も楽しい時間を過ごしていただけたようでなにより。


 「猪木さんの付け人ってみんな、猪木さんのサインを書けるんですか?」と振ってみたところ、「書けますよ」の返事。しかも、その場で「闘魂アントニオ猪木」と実演まで。これ、シリーズにしてみっかな……。

【2017.01.18 Wednesday 02:06】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
同席

 1月16日(月) 新日プロ名古屋大会へ。

 

 会場入りするや、地方の売り興行にもかかわらず、珍しく本社からスタッフが何人か駈けつけてきている。「何があったんだ?」と思っていたら、どやら、この日の某夕刊スポーツ紙がオカダ・カズチカの熱愛を報道したことから、その対応のためにやってきた模様。

 

 さらに開場時間が近づいてくると、普段は見ない報道関係者の姿も。とはいうものの、芸能記者はいないようで……。

 

 そういえば以前、「オカダ選手の周辺を芸能記者が探ってるようですよ」と小耳に挟んだことがあった。「お相手は○○○○ですかね?」と逆取材されたが、芸能記者が探ってるってことはそれなりに名が通った方なんでしょう。

 

 まあ、個人的にはタレントの恋愛事情には興味がないので、「ふ〜ん」という感じだったが……。

 

 せっかく取材に来ていただいたのだからと、新日プロサイドも全試合終了後に対応することになったようで。一応、同席することに。

 

 当たり障りのない応答だったので、ちょっと口を挟む。これにはオカダも、「何で身内にこんな突っ込まれるんですか」と苦笑い。周囲の報道陣(というか、熱愛を報道したT紙のO記者)も、「オフィシャルの仕事で来てて、なに質問してるんですか!」と言ってきた。笑ってごまかしたが、内心、「こんなんじゃ記事にならない。面白くもないんともないだろ」と思っていた。それまではどこかよそ行きの間柄のような質疑応答だったが、これで一気に和んだ感じ。変化球(というか釣り球)にどう対応するか。まあ、笑ってやり過ごそうとした方は、この質問の狙いはわからないかもしれないが……。

 

 芸能記者に囲まれたら、こんなもんじゃすまへんで。

【2017.01.17 Tuesday 17:49】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
復日歓迎

 10月22日(土) ゼウスデビュー10周年記念大会と銘打たれた全日プロ大阪大会へ。


 せっかく府立へ行ったなら……と、試合前に某氏とカツカレーを食す。

 

 第4試合後のインターミッションでビジョンを通じての告知がなされる。

 

 11・27両国にジョー・ドーリングが来場するとのこと。その瞬間、拍手が沸き起こった。5月に到着即12時間ドライブでシカゴ近郊のドーリング宅まで足を延ばして動画を撮影してきたが、その際、本人に提案してきたことがこういう形で実現。あとは元気な姿を見せてくれれば、いうことなし。

 

 でも、あの動画、iPhoneで撮影したもの。カメラ(携帯電話?)の性能って向上してるんだなあ……。

【2016.10.23 Sunday 04:05】 author : 元Fight野郎 | - | comments(1) | trackbacks(0) |
逸日

  10月20日(木) 棚橋弘至選手が来阪するとのことで取材に出向く。


 合流してまずは、夜に公演される芝居のリハーサル。開始が予定より遅くなるとのことで、ホール近くで昼食をとって時間を潰す。その後、通し稽古を鑑賞。出演者はコスチュームで最終調整。撮影を許されたので、せっかくだからとカメラを構える。当然、棚橋選手も本番さながらの衣装(リングコスチューム)で登場。

 

 リハーサルが終わると、新規ファン開拓の願いを込めて、いつもと異なる放送局無理を言ってねじ込んだラジオ出演。ホールに戻ってすぐに芝居の本番があるんで、リングコスチュームまま移動。スタジオに向かうエレベーターで、乗り合わせた女子学生が固まっていた。


 局内をリングコスチュームで歩く棚橋選手の姿は場違いな感じだが、一方で局員が続々と集まってくる。さすがエース!

 

 当初、出番はワンコーナー(約15分)だけだったが、あまりにも爛僖冀橋”で話が弾んだので、番組終わりまで居座ることに。

 

 ラジオ出演を終えるとホールに戻り、舞台俳優デビュー戦。「緊張する」と言いながらも、エアギターまで披露。本番に強いところを見せて無事終了した。

【2016.10.21 Friday 16:35】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP