元Fight野郎

連初心娘

 

 

 

 

 

 7月20日(木) あれは昨年の暮れも押し迫ったころ、1通のメッセージが寄せられた。


 「プロレスに行く機会ないですか? 周りに一緒に行ってくれる人がいなくて。よかったら誘ってください」というものだった。観戦場所は大阪となる。

 

 別に誘うのはいいのだが、いろいろと条件があった。

 

 話を聞くと、まったくの初めてではないが、会場での観戦は1、2回した程度。こちらが仕事をしていて、観客席に1人座らせるわけにはいかない。週末は仕事で都合がつかないとのこと。そして仕事場は神戸。しかも定時に業務終了といかないことが多い。お客様あっての仕事なので、こちらの都合だけで予定が立てられないという。

 

 「直前にならないと、行けるかどうかわからないと思います」

 

 さらに話をうかがうと、周りにいるプロレスファンは「父ぐらい」。当然、団体がどうとかといったプロレス事情はもちろん、プロレスラーの名前すら往年のレジェンドか地上波番組に出演している何人かしか知らない。初心者だけにこちらもいろいろと考えさせられた。

 

 まず第一に、どの団体にお誘いするか。といっても、平日に大阪で興行を打つ団体は限られてくる。しかも、直前(前日)でもチケットが入手できる団体。

 

 それから日程が発表されるたびに都合を伺っていたが、なかなか都合が合わない。ようやく実現したのが、この日のNOAH大阪大会の観戦となった。

 

 全く予備知識がない。見たまま感じてもらった方がいいと判断して、隣に座りながら特に解説はしなかった。というより、どんな反応をするかという点に興味があった。一応、第1試合、第2試合で、基本ルール(反則、リングアウトカウント、ジュニアヘビー級など)だけ、リング上での展開に合わせて説明。それ以外は「○○は実家が肉屋」「××の父親は県議会議員」といった試合とは全く関係ない“無駄な情報”を注入する。

 

 最初は緊張しながら観戦している様子だったが、試合が進むにつれ拍手もするように。大声で応援するところまではたどり着かなかったようだが、リング上のどのような動きにどのような反応を示すかは見ていて新鮮。

 

 とにもかくにも、娘に付き合っているような感じに浸った一夜。次は観戦仲間を紹介してあげるかな……。

 

 

 

【2017.07.21 Friday 01:57】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
京浜雑言

 6月20日(火) 巡業中のOFF。


 ちょうど関東滞在ということで、都内で入院中の知人を見舞う。病人に「元気ですか?」と尋ねるのは不謹慎かなあ……と思いながらも、ほかに思い当たる言葉が見つからず、意を決して病室へ。エレベーターを降りたところで、彼とばったり。元気に歩いているではないか。脳梗塞と聞いていたのに……。

 

 幸い症状が軽く、右顔面に麻痺が残る程度で、こちらが拍子抜けするほど元気。「リハビリしてるんですけど、片手でキャッチボールができるまで回復してビックリされたよ」とのこと。何でも明後日の退院が決まったのだとか。

 

 「今はもう、症状が出たらパソコンで調べられるじゃないですか。その時点で、“脳梗塞だな”とわかって。“やばいなあ”と思いながらも、仕事が入ってたので1週間、放っておいた」とは信じられない。

 

 退院したその日に現場復帰する予定だとか。無理するなよ……。兎にも角にも、元気そうでなにより。

 

 見舞いを終えると、その足で横浜へ。NOAHのラジアントホール大会へお邪魔する。

 

 「邪魔するんやったら帰って」と言われることもなく、逆に首都圏に現れたから、会う人みんなビックリした表情。
 

 元大阪勢が新天地で頑張っているのはうれしい限り。多少、背伸びをしなければならないが、彼らにとっても勝負の時期である。
こちらも久しぶりに顔を合わせたのがコーディ・ホール。新日プロ時代より、のびのび闘っている感じ。彼自身も、「ニュージャパンでは一番下だったし、6人タッグや8人タッグが多くて。でも、NOAHではタッグだけじゃなくシングルマッチも組まれるし、相手も変わる。だから、いろいろ考えて闘わないといけない。それが楽しいよ。ニュージャパンと違う経験wの積ませてもらってる」と笑顔で話しかけてきた。

 

 ただ気になったのは、大技ばかりに頼っていること。その点を指摘すると、「意見してくれてサンキュー」と返してきたので、「次に会う時を楽しみにしておくよ」と伝えた。

 

 試合後は某氏と待ち合わせ。時間が遅いので、そのままちょっと一杯引っかける。

 

 午後に見舞ったのが共通の知人なので、その経過報告。その後、出てきたのが「高山善廣」の名前。互いに現状が伝わってきていないので、「どうなんでしょうねえ……」とちょっと心配。

 

 その後、話題は“1992年の前田日明とその周辺”に移り、さらに“2017年のWWEジャパン”に。盛り上がってきたところで終電の時間が迫ってきた。話を切り上げてお開きとする。

 

【2017.06.21 Wednesday 02:13】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
怒神

  6月19日(月) 新日プロ古河大会へ。

 

 久しぶりに遭遇した“怒りの獣神”。その度合いからして、遠巻きに眺めるばかり。 仕事を終えたものの、この日は夜の街にも繰り出さず、のんびり過ごす。
 

【2017.06.20 Tuesday 01:41】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
刺釘

  6月18日(日) 新日プロ胎内大会へ。

 

 新潟を越え、さらに新発田も越える。この仕事をしていなかったら通過することはあっても、こんな所に来ることなんてなかっただろうなあ……と考えながら会場入り。

 

 会場入りして久しぶりの来日となったデイビーボーイ・スミス・ジュニアと顔を合わせる。まずは前回の来日の際にお願いされた案件を報告。先方のOKが出たこともあって、笑顔が返ってきた。あとはスケジュールを調整するだけ。

 

 仕事内容はいつもと変わらず。控室に戻ろうとする永田に「2人が○○してるから、××したでしょ?」と伝えると、「また、そんなとこばっかり見て」と釘を刺される。

 

 そんなこんなで巡業初日終了。
 

【2017.06.19 Monday 00:48】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
墓参

 
  6月12日(月) 今年もテッド・タナベレフェリーの墓参りに出掛ける。いつも、世話をされている吉野恵悟レフェリーに感謝。これまでは元大阪プロレス勢に声をかけていたが、今年はオープン参加にしたとのこと。

 

 名古屋市内で待ち合わせ。その件を聞いていたので、前夜の新日プロ大阪城ホール大会のバックステージでの出来事の話もほどほどに、「オープン逆んかってことは、喪服がないからという理由で葬儀に現れなかったあの人も今年ばかりは堂々と来られたのに、姿を見ないですね。テッドさんも楽しみに待っていたんじゃないですか」と大笑い。

 

 今年は5人での墓参。といっても、ほかの面々もそれぞれの都合のいい時間に訪れるとのこと。まあ、テッドさんもいろんなに人が何回も来てくれる方が寂しくなくていいでしょう。
 

【2017.06.13 Tuesday 01:41】 author : 元Fight野郎 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP